闇に呑まれた天使の歌声

天使:愚者x2
悪魔:御影

─────

天使『闇の中でも光は常に存在し続ける』

悪魔『光の中でこそ闇は目立つもの』

天使『だから私は歌い続けよう』

悪魔『音さえも掻き消す深い色』

天使『皆の笑顔が闇を退ける』

悪魔『例え光とて全ての闇を奪えやしない』

天使『その為の道標となるべく』

悪魔『潰す標的は常に我が配下』

天使『この世界に「歌」は生まれた』

悪魔『この世界の破壊音こそ「歌」』

天使『闇の中で私の歌声は余りにも小さい』

悪魔『光の中では仮面を付けて身を潜める』

天使『でもそれは、あくまでも切っ掛けにしか過ぎない』

悪魔『そうして期を見計らう』

天使『そして、どんなに小さかろうとも光は闇を貫く』

悪魔『どれだけ藻掻こうが抜け出せない 蟻地獄の様な』

天使『その小さな切っ掛けを育てる事』

悪魔『徐々に蝕む浸食は止められない』

天使『それが闇に打ち勝つ唯一の手段』

悪魔『抗えば抗うほど この牙は食い込み 喉笛すらも噛み千切る』

天使『その道筋を絶やさぬ為に』

悪魔『その至福の瞬間の為なら』

天使『皆を後押しする為に』

悪魔『目先の欲望を貪るより』

天使『私はこの世界に遣わされた』

悪魔『無垢なる魂を求め 世界中を飛び廻る』

天使『そして私は歌い続ける』

悪魔『破壊音を響かせ』

天使『この世界に闇がある限り』

悪魔『この世に極上の美味がある限り』

天使『それが天使たる私の役目』

悪魔『全てを抱き取るまで外道を突き進む』

カテゴリー: 天使と悪魔 | コメントをどうぞ

光に晒された漆黒の羽根

天使:御影
悪魔:愚者x2

─────

天使『この世界を純白に染め上げたい』

悪魔『この世界を漆黒で覆い尽くしたい』

天使『飛び立つ翼から 光が溢れる』

悪魔『足元に闇が集う』

天使『暖かな風と戯れながら』

悪魔『ひんやりした大地に佇んで』

天使『君の涙を拭いに行こう』

悪魔『俺は笑顔で迎えよう』

天使『優しさこそが この世の美徳』

悪魔『厳しさこそが この世の現実』

天使『恐れるものなど何もない』

悪魔『あらゆる者に畏怖を与えよう』

天使『汚れの1点も許さぬ在り方は』

悪魔『清々濁々、絡み合って』

天使『綺麗な手で君を護りたいから』

悪魔『冷めた笑いが君を傷付けて』

天使『勿論、君の心の1点の曇りも』

悪魔『想像以上に俺を』

天使『許さない』

悪魔『酔わせる』

天使『ズルした者に』

悪魔『正さなんて』

天使『救済の手を施す必要は』

悪魔『押し付けられても』

天使『私の美学に反する』

悪魔『憎悪が広まって』

天使『排除対象は悪の全て』

悪魔『全ての者を悪に染めていく』

天使『自由なんかより清い正しさを』

悪魔『間違った正さが世界を縛り付け』

天使『娯楽なんかより禁忌を』

悪魔『ズルした者が利を得る』

天使『一途に抱える姿に』

悪魔『それを真似る様に』

天使『神の恩恵は降り注ぐ』

悪魔『我が息吹で踊り出す』

天使『その象徴が この白い羽根』

悪魔『それを可能にする この黒い槍』

カテゴリー: 天使と悪魔 | コメントをどうぞ