その苦行、神々しさに付き

シヴァ:御影
タナトス:愚者x2

─────

シヴァ『朽ち果てた廃墟のような街』

タナトス『かつての栄華はそこにはない』

シヴァ『さて、次は何を壊してやろうか』

タナトス『破壊の先に待ち受けているものは』

シヴァ『この手で完成させる完璧な世界』

タナトス『完璧とは滅亡を指す』

シヴァ『嗚呼、タナトスよ、早々に此処から立ち去れ』

タナトス『なれば、破壊を止める事だな』

シヴァ『我を知っての所存か?』

タナトス『知るも何も破壊あるところに我降り立つ』

シヴァ『だが、時すでに遅し。ここには もはや瓦礫のみよ』

タナトス『それで満足か!?シヴァよ』

シヴァ『その鉄の翼では大して羽ばたけなかろうが。可哀想に』

タナトス『我が翼は飛ぶ為に非ず』

シヴァ『退かぬなら、この地で塵となるがいい』

タナトス『我を塵として何とする!?』

シヴァ『破壊音こそ耳に心地良い。全て心行くままに壊してこそ甘美』

タナトス『なら何度でもするがいいさ。死を司る我が塵になったところで詮なき事』

シヴァ『貴様の獲物はここに無い。よって他を当たるが良い』

タナトス『私には獲物は必要ない。結果のみが我を呼ぶ』

シヴァ『とんだ興醒めだな。次の地へ行くとするか』

タナトス『お前が何処へ行こうと変わりはしない。破壊あるところに我は降り立つ』

シヴァ『我の魂でも喰らいに来たか。面白い』

タナトス『我は何も喰らわない。ただ破壊されたものを導くのみ』

シヴァ『ならば、ここは1つ。我と手を組まないか?』

タナトス『我は誰とも交わらない』

シヴァ『手始めに貴様からだ。その邪悪な心を壊してくれるわ』

タナトス『結果に邪悪もへったくれもない』

シヴァ『振り下ろした腕から伝わるこの手応え。仕留めたな。これで奴も我に着く他ないな』

タナトス『思い込むのは勝手にするがいい。我は常に結果に触れるだけ』

シヴァ『見ろ。あの民。忌々しい記憶に苛まれてる。あの記憶を破壊に行く』

タナトス『お前が何を破壊しようと構わない。ただそこに尽きる命があれば、その結果をこの翼で受け止めよう』

シヴァ『こずるい手を使い平和ぼけしてる凡愚の魂でも食らっとけ。民の内に眠る闇を壊してみたいだけだ』

タナトス『我には光も闇も関係無い。ただただ結果を受け止めるだけの者』

シヴァ『怒り、憎悪、悲しみ、あらゆる負の感情に騒めく心の痛みは我が織り成す破壊音に過ぎない』

タナトス『我はそれを否定はしない』

シヴァ『貴様は貴様の手で「今」を壊すが良い。そして新しい明日を作り出せ』

タナトス『壊すも作るも過程は全て我関せず』

シヴァ『我は何度でも、その心の内で暴れよう。それに怯まず創造を続けて見せろ』

タナトス『その代わり結果は全て受け止めてみせる。だから存分にやるがいい』

広告

菊千代 について

きくちよと申します。
カテゴリー: 神々 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中